活動日誌−県政国政

【21.08.22】コロナ対応 臨時国会を開け

4野党が合同院内集会を開く

 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党の野党4党は8月17日、臨時国会召集を求める院内集会を開催し、4野党党首が出席し臨時国会の召集を迫りました。4党首は、野党が憲法53条に基づく臨時国会召集要求を7月16日に行ってから、1ヶ月が過ぎても政府・与党が応じないことは許されないと批判。コロナ感染爆発から国民の命を守るため、臨時国会召集が必要と強調しました。

コロナ対策、変えられるのは国会

   新型コロナによって亡くなられた方は、1万5452人(8月16日現在)にも及んでいます。
 戦後最大の危機という時に、国会を開かず、何のための国会なのか!
 志位和夫委員長は、菅政権の3つの欠陥を指摘。
_奮悗亡陲鼎ない
⊆鸛蠅説明責任を果たさない
コロナ対応も自己責任
 この政策を変えることができるのは、国会。
 市民と野党の共同で、国会を開け!と大きな声をあげ、命最優先の政治、暮らしや営業を補正予算を組んで本気で守っていく政治を実現していきましょう!

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)