市政の動き−議会報告

【17.04.20】子育て支援 未就学児のプール料金を無料に!

誰もが生涯にわたり スポーツに親しむ環境の充実を

   昨年12月、市民の方から「安城市のプールは2歳児でも料金がかかり驚いた。他市のプール料金は幼児が無料のところもある。市は子育てに力を入れているはずだと思っていたのに残念」
の趣旨の意見をいただきました。
 調べてみますと安城市はマーメイドパレスとスポーツセンターに冬でも利用可能な温水プールが2つあり、料金はいづれも、小人・未就学児は200円(おむつ着用のこどもは入泳不可)、大人は500円、65歳以上は400円。
 碧南市は(サンビレッジ衣浦)小人・未就学児無料(おむつ着用のこどもは入泳不可)、大人440円(65歳以上も同額)です。
 小人の料金を必要とする近隣の自治体は、豊田市・幸田町が200円、刈谷市は2カ所が大人1人につき子1人は無料、2人目からは100円、あるいは200円です。西尾市は3歳以上200円、2歳以下無料。
 総合計画のスポーツ施策方針には、誰もが年齢や性別、体力などに応じて生涯にわたりスポーツに親しむことができる環境を充実するとあります。利用しやすい料金もそれにあたるのではないでしょうか。
 市は近隣市でも無料としているところなど様々な取り扱いをしている。本市では使用料及び利用料金は、受益者負担を原則として定めており、未就学児の無料化については、現時点では考えていない、との答弁にとどまりました。
 安城市は近年、790市ある中で、財政力が第6位とか7位と大変豊かな自治体です。未就学児の無料化は可能です。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)