市政の動き−議会報告

【17.05.03】マイナンバー制度 コンビニでの交付は1日平均4.5枚

多くの市民はマイナンバー制度を必要と考えていない

 安城市は、昨年12月21日からコンビニエンスストア(コンビニ)で住民票や戸籍謄本などの交付を開始しました。「マイナンバーカードを持っていると便利ですよ」とのPRもかねて実施しました。今年の2月末のマイナンバーカード交付数は1万2813枚で、人口比6.9%です。
 今年の2月末のコンビニでの発行枚数は288枚で、1日平均4.5枚です。市は17年度のコンビニでの交付を1万7000枚程度見込んでいます。この数字は、1日平均46枚となり、現在の10倍の交付となり、高いハードルです。
 このことは、多くの市民はマイナンバー制度を必要な制度と考えていない証明とも言えます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)