市政の動き−議会報告

【18.05.30】経済福祉常任委員会が施設巡視

こころくばり(介護複合施設)内覧会に848名

   市内篠目町に今年4月オープンした介護複合施設こころくばりは、地域密着型特別養護老人ホーム(29床)、グループホーム(18床)、
看護小規模多機能型居宅介護(延人員2名)、ショートステイ(7月オープン)、デイサービス(利用定員20名)と多くの施設が併設されています。
 内覧会には延848名が訪れたとしています。
 デイサービスでは、カラオケを楽しんでいました。デイサービスは)萋笑って過ごそう、⓶若さと夢を取り戻そう、新たな感動を体験しよう、をスローガンに生活機能の向上を目的に活動しています。
 9時に到着して、16時30分が送迎です。

ジョブファミリー 障害のある方たちの自立に向けて

 市内大山町のジョブファミリーは、障がいのある方たちの働く場所を確保すること目的に設立されました。
 一般企業の運営経験を基に、より一般企業に近い福祉事業所として障害福祉サービスを提供しています。
 障がいのある方たちの人間性・社会性などの向上を目指し、自立へ向けた大きな一歩を踏み出せるよう支援をしています。
 就労継続支援事業とは、一般企業に雇用されることが困難な障がい者を対象にサービス(訓練)を提供し、生産活動にかかる能力の向上を目指す事業です。
 雇用契約を結び、給料をもらいながら利用する「A型」と、通所して授産的な活動を行い工賃をもらいながら利用する「B型」の2種類があります。
 ジョブファミリーは雇用契約に基づき、時間給871円からスタートします。現在は、自動車部品等内職作業や宅配水販売事業を行っています。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)