市政の動き−議会報告

【18.08.23】「安倍政権やめろ」の思いにこたえ 市民と野党の共闘に力をつくします

参院選比例代表で7議席以上、選挙区でも議席増を

 8億円値引きの森友疑惑の公文書改ざん、裁量労働制の拡大や残業代ゼロ制度など「働き方改革」をねらってのデータねつ造、危険な実態を示した自衛隊日報の隠ぺい等々、安倍内閣は、国民をあざむき、国政の私物化を強めています。
 しかも、通常国会の会期を延長し、豪雨被害に対する災害対応より、刑法で禁じられている賭博を合法化する「カジノ実施法」や参議院選挙制度を自民党に都合のよい制度に変える「公職選挙法」改定の強行採決など、悪法の審議・採決を優先しています。
 安倍内閣の退陣を求め、力を合わせましょう。日本共産党は、市民と野党の共闘に力をつくします。
 来年の参議院選挙で日本共産党は、比例代表で7議席以上、選挙区で3議席以上をめざしてがんばります。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)