市政の動き−議会報告

【18.08.26】これでは遅すぎる!! 小中学校へのエアコン設置計画

普通教室等空調設備設計委託料・ 4,000万円を計上

   9月3日開会予定の市議会には、市長から2017年度決算認定議案や条例改正案、補正予算案等が提案される予定です。
 補正予算案は、一般会計のみで、繰越金を主な財源に総額4億9962万円余を追加する内容です。
 気象庁の調査によれば、今年1月1日から8月20日までの猛暑日は豊田で26日、岡崎で18日、真夏日は豊田で59日、岡崎で49日を記録したとのことです。この傾向は今後も続くと言われています。小中学校等へのエアコン設置は待ったなしです。
 補正予算案には、小学校分として2,700万円、中学校分として1,300万円の「普通教室等空調設備設計委託料」が計上されました。

〔供用開始時期〕小学校1・2年は来年7月、3年以上は再来年7月、中学校は再来年9月〜

 市が全教室へエアコンを設置するために「設計委託料」を予算化したことは評価できます。
 問題は、エアコンの設置工事をする時期です。
 実施設計は、今年度中に行うことになっていますが、設置工事は、小学校1・2年及び特別支援室が来年2月から6月下旬に、小学校3〜6年及び特別教室が来年7月から再来年1月下旬に、中学校が再来年2月から8月下旬に行う計画になっています。
 そのため、児童・生徒が実際にエアコンを利用できるのは、小学校1・2年が来年7月から、3年から6年が再来年7月から、中学校が再来年9月からとなっています。
 これでは小学校3年以上と中学校は、来年もエアコンのない教室で学ばなければなりません。
 近隣市の中には来夏に間に合うよう整備する市もあります。安城市も計画を早めるべきです。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)