市政の動き−議会報告

【18.11.21】デンパーク入園料を700円に引き上げ(予定)

12月市議会に条例改定案を提案

   安城市は、12月市議会にデンパークの入園料を引き上げる条例改定案を提案する予定です。700円に引き上げる予定ですが、条例のうえでは、「大人700円以内において指定管理者が市長の承認を受けて定める額」とすることが予定されています。
引き上げる理由として、次の7項目をあげています。
‐暖饑覗税が確実なものになり、増税に伴う入園料は2019年4月に10円値上げし、同年10月以降に再度10円の値上げを行う必要があり、短い期間で2度の値上げは理解を得られない。
他自治体の同様施設では10円単位という設定がないこと。10円単位にすることで、窓口事務の煩雑性を防ぐため。
100円値上げしたとしても無料入園者やJAまつり等企画入園者(全体の約55%)がいることを考慮すると、実際財団の実収入は41円に留まるため。
ず8綽遊鑒颪凌びや修繕費の増額が見込まれるため。
2019年度にフローラルプレイスの改修工事が完了し、公園の魅力が向上することから、魅力に応じた入園料にするため。
子供料金は据え置きを想定しており、消費税増税分を転嫁しないため、実質の値下げにし、子育て支援をしていくため。
Ш8紂入園料に関して、指定管理者の意図を考慮して金額を決めていくには、条例で金額を固定するのではなく、柔軟性を持たせる方が意向を反映させやすいため。
(現行大人600円を、2020年4月から700円に引き上げる予定)

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)