市政の動き−議会報告

【18.12.11】第8次安城市総合計画の実施計画(2019〜21年度)を公表

南海トラフ地震防災対策強化整備事業 確実な水道水の確保

 安城市は南海トラフ地震が発生した場合、水道管の被害個所は約800か所で、地震直後は断水人口が約17万人を想定しています。
 広域的な大災害となり、他市からの応援が遅れる可能性が大きいとして、確実な水道水の確保、円滑な給水ができるよう3つの工事等を行います。
 …篥纏にも水を送ることができる応急給水施設用発電機の更新工事
 ∀蛙紊ら水を守る配水池緊急遮断弁更新工事
 1急給水用コンテナの購入を行うとしています。
 費用は、総額6070万円を見込んでいます。

介護サービス基盤整備事業 特養ホーム等への補助

 特別養護老人ホーム整備する社会福祉法人、地域密着型サービスを建設する法人に総額4億6620万円補助金を交付します。
〔2019年度開設予定〕
・グループホーム 1か所
・地域密着型特定施設 1か所
〔2020年度開設予定〕
・特別養護老人ホーム 1か所
・グループホーム 1か所
・地域密着型地区別養護老人ホーム 1か所

テレビ電話通訳システムの導入

   安城市に在住する外国人が毎年増加し、2013年の5415人から2018年は7041人(30%増)となっています。
 窓口での対応をスムーズに行うため、テレビ電話通訳サービスを導入します。
 12か国に対応しますが、ポルトガル語、英語、中国語、韓国語、スペイン語は24時間365日対応するとしています。事業費は年間100万円としています。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)