市政の動き−議会報告

【19.02.26】宮前ポンプ場の排水能力が3倍

集中豪雨による浸水被害を軽減

 安城市は、勢井前第一排水区内の安城町宮前地区は、地形的に窪地状であるため、大雨が降ると一気に低地に雨水が集まることで度々浸水被害が発生しています。
 そのため、現在の宮前ポンプ場の排水能力を増強することで、家屋等の浸水被害を軽減するとしています。
 排水能力は現況の1秒間1㎥が3㎥に増強するとしています。2019年度の予算額は1億3千万円です。
全体計画
 16年度 地元説明会
 18年度 ポンプ場詳細設計、用地買収
 19年度 ポンプ場整備工事(土木工事)
 20年度 ポンプ場整備工事(建築・機械・電気工事)、完了予定 
        

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)