市政の動き−議会報告

【19.02.27】小中学校エアコン設置事業・・・工事費25億7500万円を追加

国庫補助は2億2700幡円のみ

 3月4日に開会予定の3月市議会に提案される補正予算案や条例改定案等の概要が各会派に説明されました。
 一般会計補正予算案に、小中学校の普通教室等にエアコンを設置するための予算として、12月議会での9億7000万円に続き、25億7500万円が追加計上されます。
 安倍内閣は、エアコン設置に関し「財政補助」をすると表明していましたが、実際の補助額は安城市の場合、2億2700万円で10%にも充たない額です。

6月中に設置完了は23.4%のみ

 各学校の設置対象教室や工期、予算額等は下表の通り(金額の単位は千円)です。設置が必要な教室は、全体で882教室です。
 早期設置を望む要望が強いなか、当初の計画よりは早められ、2019年度中に全小中学校に設置することに計画変更されました。
 しかし、6月までに設置されるのは、下表の「鬼」に該当する206教室のみで、全体の23・4%に過ぎません。
 日本共産党市議団が実施したアンケートにも「子どもたちがかわいそう」「児童・生徒、教員等に死者が出るかも」など、早期設置を望む声が数多く寄せられています。
 工期の短縮など、早期設置に向け最大限の努力が必要です。  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)