市政の動き−議会報告

【19.03.19】子ども、高齢者、障がい者、多文化共生・・・

誰もが住みよい安城市へ  全力でがんばります

   暮らしは政治の上に成り立っています。政治を考えることは、自分たちの暮らしを考えること。税金を何に使うのかで暮らしが変わります。
 私は教育費や医療費が無償、福祉の充実した社会に憧れを抱いています。実現している国から学び、税金の使い方を変えることで、豊かに生きるための社会、学ぶことの楽しい社会も実現すると思います。
 子どもは社会の宝。どんな環境に生まれた子どもにも、平等に自分たちの未来を選ぶ権利があります。

【森下さちこ・プロフィール】 ▼1976年生まれ ▼安城中部小、北中、安城高等学校を卒業  ▼1998年、東海女子大学(現在の東海学院大学)文学部を卒業 ▼2007年、サンタクルス中央日本人会勤務 ▼2010年、派遣会社勤務 ▼家族:夫、二男

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)