市政の動き−議会報告

【20.03.22】市の備蓄マスクを高齢者施設等に配布

46,000枚を市職員の他、保育園・児童クラブ・高齢者施設等に配布

   新型コロナウイルスの感染が広がるなか、マスク不足が深刻になっています。
 花粉症を患う方が増える時期と重なり、いっそう拍車がかかっています。
 ドラッグストアなどの小売店では、マスクを求めて早朝から並ぶ人々の姿があちこちで見られます。
 また、医療や福祉関係の施設でも深刻なマスク不足の状況が報じられています。
 このようななかで安城市は、備蓄していたマスク46,000枚の一部を次のように配布(一部予定)しました。
◇6,000枚→市職員(一 部は保育園へ)
◇5,000枚→保育園・児 童クラブ
◇10,000枚→高齢者施設
◇5,000枚→障害者施設
◇10,000枚は3月中に市職員・保育園・児童クラブ
◇残り10,000枚→4月用に予備で保管 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)