市政の動き−議会報告

【21.06.27】6月市議会一般会計補正予算

東山中学校区 民間保育所用地は有償貸与

   民主安城日曜版癸隠沓坑傾罎坊悩椶靴殖況酳篝詰住擦砲弔い董議案質疑、委員会審査を経て、その内容がより明らかになりました。

 東山中学校区に民間保育所を誘致するために、市は土地開発公社より用地を買い戻します。
 これまでもブライト保育園やてらべサニーサイド保育園には市有地を無償で貸し出していますが、今回は、農地を更地にするための造成工事費を市が負担しているため、有償貸付になりました。
 貸付料は年間約240万円。公有財産規則に基づく課税標準額の4%、貸付期間は30年間となっています。
 既に市内でげんきの森保育園やてらべサニーサイド保育園を運営している「社会福祉法人あおぞらにこにこ福祉会」が、来年4月1日からの開園を目指します。



デンパークのメルヘン号 停車場増設には多くの課題

   デンパーク開園25周年記念にあわせ、来年4月29日に3代目のメルヘン号が誕生します。
 バイオディーゼルで話題となった2代目のメルヘン号に替り、リチウムバッテリーが動力となる予定です。
 自動運転は技術的に難しいが、再生エネルギーを意識し、ソーラーパネルの設置を検討する旨の答弁がありました。
 市民から要望が出ているメルヘン号の停車場増設は、安全性の確保や繁忙期の運行スケジュール、実施後の利用頻度、車両への負担増などの課題を解決できる目途がつく状況となれば、検討するとのことです。

GIGAスクール   WIFIルーター無償貸与

   今年度からGIGAスクール事業が始まり、小中学校に通う児童生徒に対し、ひとり1台のタブレットが貸与されています。
 市の調査では、家庭にネット環境が整っていない児童生徒が約1650人います。
 そのため市は、就学援助制度を利用し、自宅にネット環境が整っていない児童生徒に対し、保護者が希望すればWIFIルーターを無料で貸し出す事業を始めます。
 小学校では230台、中学校では70台が用意され、ひと月10GBの利用が可能です。
 学校側から指示する学習には、家庭でネットを使っての学習は無く、ネット環境の有無により不公平になることはない。あくまでも自学自習のための環境整備であり、就学援助を利用していない家庭へはネット環境整備を努力していただくようお願いをしているとのことです。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)