市政の動き−議会報告

【21.07.23】「補聴器購入費の助成請願」反対多数で否決

市長会も要請している意見書提出さえ拒否

   6月市議会に、加齢性難聴者に対する「補聴器購入助成を市に求める請願」と「国に助成制度創設を求める意見書提出の請願」が提出されました。
 審査の結果は右表のとおりで、反対多数でいずれも「不採択」となりました。
 森下さちこ議員は、紹介議員を引き受けるとともに、「経済的に余裕のある高齢者は一部であり、補聴器の購入補助で、加齢性難聴者の生活の質を向上させることは、市民が高齢になっても健康で社会参加のできる健幸都市を目指す市の方向と合致している」「神谷市長も加盟している全国市長会も政府に制度創設を要請しており、意見書を提出すべき」と賛成討論を行い、採択を求めました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)