市政の動き−議会報告

【21.09.17】子どもたちの命を守る通学路の安全確保を

危険か所は12ケ所

 千葉県八街市の事故を受け、7月文部科学省が通学路における合同点検の実施の依頼を出しました。安城市も、次の3点を踏まえ通学路の危険箇所の調査をしています。
仝通しのよい道路や幹線道路の抜け道になっている道路など車の速度が上がりやすい箇所、大型車の進入が多い箇所
過去に事故に至らなくてもヒヤリハット事例があった箇所
J欷郤圈見守り活動者、地域住民等から改善要請があった箇所 
 報告された危険箇所は12ヶ所(9月2日現在)。主に抜け道となっている道路、路側帯の表示の無いところ、見通しの悪い道路であり、全て新たに報告されたものでした。
 今後、学校やPTA、警察と現地の合同点検を行い、10月末に対策検討をし、道路管理者や警察へ改善要望を提出する予定です。
 子どもたちを事故から守るために、ドライバーの意識の向上も求められます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)