市政の動き−議会報告

【24.03.31】生活保護申請に関する不適切対応

市長報酬を1ヶ月10%減額減額

 安城市は、生活保護申請に関する不適切な対応について第三者委員会報告書を踏まえ、再発防止に向けた提言に基づく「改革プラン」を策定すると発表しました。
 改革プランは、ヽ銅鏝修の実施や参加による職員の知識の向上、⊆匆駟〇祺櫃料蠱迷寮や組織体制の整備・強化、I要な法的アドバイスができる弁護士の配置の検討、そ縞な能力のある通訳の配置、チ蠱霧従譴砲ける録音方法や録音データに関するルール化、β進顕酋生のまちづくりに対する知識や意識の向上、報告書の公表と市民へのアンケートによる意見募集の7つの方向性を示し、4月から社会福祉課を中心とした「生活保護事務適正化プロジェクトチーム(仮称)」を設置するとしました。
 また三星市長は、不適切な対応を引き起こしたのは組織の問題とし、市長報酬を1カ月間10%減額とすると説明しました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)